DMM英会話 1ヶ月目 & TOEICの結果

DMM英会話 1ヶ月目 & TOEICの結果

8月に受けたTOEICの結果が出た。855点、L 440, R 415。昨年7月に受けた時が865点だったので10点ダウン。TOEICのための勉強をしていないとはいえ、この1年間の勉強と実務で英語能力が向上している実感はあったので結構ショック・・・。
次回はTOEIC用の勉強をして望もうかという誘惑にかられるが、実務上の英語能力が伸びてきていることを心の支えにこのままオンライン英会話 + ヒヤリングマラソンの継続で行こうと思う。

8月はDMM英会話のプラスネイティブプランを25分 x 10回受講。ビズメイツ 692回と合わせ、通算のオンライン英会話受講回数は702回に。

DMM英会話はレッスン教材選択の自由度が高いが、逆に言えばビズメイツのビズメイツ プログラムのようにメインコンテンツがハッキリとしていない。またレッスンの受け方自体の自由度も高く、例えばディリーニュースの教材だと、自己紹介をするしないから始まって、語彙の部分を講師と一緒に読んで時間を使うかどうか、記事の部分を講師の後について読むか or 自分だけで読むか等々の選択肢が与えられる。
英語を話すことに慣れていない人がDMMを受けた場合には、ディスカッションを避けたい心理が働いてしまい、講師と一緒に語彙も記事も読んで25分が過ぎていく(= あまり英会話能力が伸びない)ということになりかねず、そういった意味では、定型でレッスンが進み、毎回必ず質問やディスカッションがあるビズメイツの方がビジネス英会話をこれから始める人には良いように思える。

とはいえ、当然DMMにも良いところがあるからビズメイツから移ったわけで、上記の自由度の高さ + ネイティブからのレッスン は今の自分のとっては十分に魅力になっている。質の高いネイティブ講師から自由にカスタマイズされたレッスンを受けられるのは今のところDMMだけではないだろうか。

ここまでの10回、ディリーニュースの教材でレッスンを受け、自分なりの受け方が出来てきた。初めての講師の場合は自己紹介をする、語彙は飛ばす、記事は自分だけで読む、ディスカッションでは出来るだけ多く話す・・・等々。

まずは1日 25分のネイティブプラスプランを継続して頑張っていこうと思う。