難しい・・・ビズメイツ、レベル5 ランクD

難しい・・・ビズメイツ、レベル5 ランクD

ビズメイツのメインであるビズメイツプログラムのレベル5ランクD。ここまでレッスン7までが終わったが見たことのない単語やイディオムが多く、予習に今までよりも時間がかかる。ランクCよりも急に難しくなった印象。また単語の意味を調べておいても発音記号まではメモしていないので、レッスン中になると発音が分からずに読めないこともしばしば・・・。こういう難しい単語とかイディオムとかが実際に使えればレベルが上がったように思えるのだろうけど、ノンネイティブ同士で話しているときに果たして通じるのだろうかという疑問もある。

また、indict(〜を起訴する)という単語も出てきたが、これは読み方が特殊なために単語の勉強をすると良く出てくる単語。カタカナで書くとインダイト。この単語の読み方は知っていたので、その通りに発音していたのだが、講師に何度もインディクトと直される場面も。ビズメイツの講師は総じてレベルは高いのだが、ランクDは今までよりも講師を選ばないといけないような気がする。

正直、今日あたりは仕事で疲れてしまったし、予習も大変だしでレッスンを受けたくない気持ちも強かったが何とか2コマ受講。アルクのヒヤリングマラソンの教材が届くまでに最後のランクEまで終わらせないと・・・というのが今の一つのモチベーションになっている。