ビズメイツ1年が経過。TOEIC の点数が865点に

ビズメイツ1年が経過。TOEIC の点数が865点に

2019年7月。ビズメイツ開始からちょうど1年。結局1年間での通算受講回数は347回。とにかく継続と思い、海外出張中のホテルでレッスンを受けたりもしたが回数は稼げず、結局1年間でみると1日1回のペースを下回った。途中で Other programsを受けていたこともあって、レベル4 ランクBのレッスン14まで。

仕事がとにかく忙して夜中までかかることも多い上に会食も多く、ビズメイツ受講の時間がなかなか取れない。さらにレベル4になると内容も更に難しくなるので予習も時間がかかる。それでも継続が必要と思い、レベル3が終わった時点で一旦Other Programsに逃げて受講を続けた。Otherのミーティングと電話会議を終わらせたところでレベル4に戻ったのだが、内容について行くのが少し楽になった気がした。Other programsでも継続したことが力になったのだと思う。

実務上の英語能力は少し伸びた感触はあって、Face to Faceで話す分には英語を母国語としていない人達やアメリカ人でも気を使って話す人達は何とかなるし、電話会議も好きではないがどうにかこなせる。けれども気を使って話してくれないネイティブスピーカーの話は正直どうにも聞き取れないので、落ち込むことも多い。

客観的に英語力を測ってみようと思い、7月に会社で2年ぶりにTOEICを受験。公開テストはタイミングが合わなくてなかなか受験出来なかったからありがたい。前回、2017年の7月に受けた時は750点。1月から英語が必要な業務にアサインされ、ベルリッツを50回くらい受けた後だったから、点数が全然上がってないことに少しガッカリした記憶がある。2012年くらいに何度か公開テストを受けていた時期があったけど、その時期はMAXで795。その時はリスニングなんて何を言っているのかサッパリ分からなかったので何で点数が取れているのか分からない感じだったが、今回のテストはリスニングはpart2の一部を除いて大体聞き取れた。part2はシンプルなので簡単かと思っていたけど、意外と難しい部分もあった。part3とpart4は設問の答えが頭に入ってなくて答えがあやふやな箇所がいくつもあり、これも少し残念。リーディングはpart7の最後の1題、回答にして5つ分が終わらなかった。全体的にもう少し早く解いていけば良かったと後から反省。

結局、TOEICの結果は865点、リスニング 450点、リーディング 415点。一般的に壁と言われている860点を超えられたのは良かった。過去795点取った時のように、全然聞こえていない&全然理解出来ていないのに点数が取れた時と違って、今回はそれなりに手応えもあったので納得感はある。目的がTOEICの点数では無く、英語で仕事が支障なく出来ることなので、過去問題やTOEIC用の問題集等のTOEIC対策は全くしていないが、体感的な英語力の伸びとTOEICのスコアが連動していて良かった。そうでないとTOEICのスコアをどう解釈してよいのかが分からなくなってしまう。

ネイティブの話していることが分かってくれば900点いくのかなと思いつつ、取りあえずはビズメイツを中心に勉強を継続しようと思う。

  • 7ヵ月目(2019年1月6日~2019年2月5日) 受講回数:30回、Level 3 Rank D Lesson 11 ~ Level 3 Rank E Lesson 19
  • 8ヶ月目(2019年2月6日~2019年3月5日) 受講回数:18回、Level 3 Rank E Lesson 19 ~ Other Programs Meeting Lesson 15
  • 9ヵ月目(2019年3月6日~2019年4月5日) 受講回数:21回、Other Programs Meeting Lesson 15 ~ Other Programs 電話会議 Lesson 9
  • 10ヵ月目(2019年4月6日~2019年5月5日) 受講回数:23回、Other Programs 電話会議 Lesson 10 ~ 20、Level 4 Rank A Lesson 3
  • 11ヵ月目(2019年5月6日~2019年6月5日) 受講回数:26回、Level 4 Rank A Lesson 3 ~ Lesson 19
  • 12ヵ月目(2019年6月6日~2019年7月5日) 受講回数:23回、Level 4 Rank A Lesson 20 ~ Rank B Lesson 14