ベルリッツ受講 – 2017年

ベルリッツ受講 – 2017年

2017年、人事異動で英語がとにかく必要な部署に。メンバーは若いころに欧米留学に行ってたり、長いこと欧米で働いていたりで当然のように英語が出来る人ばかり。TOEICは800点弱くらいは取っていたけど、TOEIC試験中のリスニングパートもほとんど何を言っているか分からないのに、Duo 3.0という本で英単語だけ頑張って覚える勉強をしていたら偶然取れてしまった点数。もちろん英会話はできないし英語のメールもあまり出来ないので、その部署の中のほぼ全て英語で行われる会議や資料作成について行けないことばかり。英語が出来るようになるためには欧米に住んだ経験が必要なのかなあ、日本での勉強だけじゃあ無理なのかなあ・・・と言い訳のように思っていた。

2ヶ月たった3月中旬、このままでは業務のパフォーマンスが上がらないので、ネットで英会話学校の記事やらブログやらをとにかく探して読みまくり、散々迷った末に選んだのがベルリッツ。会話も満足に出来ない状態では申し込むだけでもハードルが高かったが、意を決して次の日のレベルチェックと体験レッスンを申し込んだ。

レベルチェックと体験レッスンの日。まずは日本人のスタッフにベルリッツに来た理由とか現在の仕事とか英語のレベルとかを聞かれ、費用やコースの説明を受ける。60回を4.5ヶ月の間に受けるコースだと約50万円、自腹で受けるにはなかなか覚悟のいる価格なので少し安くするために回数を減らしたコース(40回を3ヶ月で受けるコース)も考えてしまった。レベルチェックは欧米人の講師と一対一、名前とか年齢とか簡単な質疑応答から始まって、今の仕事とかベルリッツを受けに来た理由とかを聞かれる。20分くらいのレベルチェックの後はE-mailの書き方を例にした体験レッスン、最後にまた日本人スタッフが出てきてのカウンセリングで判定を聞くと、結果はビジネスコースのレベル3とレベル4の間くらいで初心者から中級者に上がったくらいのところ。結局、少しでも進歩を早くするためにということでレベル4からの受講を進められた。レベル1とか2じゃなくて良かったけど、やっぱりそんなものかなという印象・・・。その日は申し込みをせずにベルリッツのレッスンの詳細説明、コースと費用の詳細のパンフレットをもらって帰った。申し込む気持ちは固まっていたけど、費用の面や業務の合間に実際に通えるのか等が気になって即決できなかった。

3月下旬、悩んだけれども60回を4ヶ月半で受けるコースに申し込んだ。今考えるとベルリッツに決めた理由の1つはその費用の高さ。40分で8,000~9,000円という価格のレッスンに効果が無い訳がない、絶対に英語が出来るようになるはず、と自分自身に言い聞かせていた。英語が必要で切羽詰まっているビジネスマンに対しては高価格というのも効果的な戦略に思える。価格は少し高いけれども60回を9ヶ月で受けるコースもあったが、4ヶ月半の方が費用が安いのと1日でも早く英語の実力を上げなければいけないので4ヶ月半コースに決定。月に14回のペースで受ければ良いので何とかなると思っていたが、月のうち半分くらい海外出張に行っていた月もあったりで実際には通って受講するのは結構キツかった。

ベルリッツの推奨は1日に40分のレッスンを2コマを受けること。1日1レッスンではなく、2レッスンにして集中的に勉強していった方が良いとのことだった。英語を専門にしているところがそう進めているのだから、その方が効果があるはずと思って基本的には一日2コマを受けるようにしていた。しかし今考えると2コマ目のレッスンに予習不足で臨むことも多々あり、また2コマ目になると集中力が落ちているケースもあったので、1日1コマでしっかり受けていった方が良かったかもしれない。 

フルセンテンスで話すことをベースにブロークンイングリッシュを直される、講師によって差はあるものの使える表現を学べる、ネイティブの外人と話すことで自信が付く等々、レッスンは確かに効果があって通う前よりは英語が出来るようになっている気がした。しかし明らかにレベルの低い講師に当たることもあり、40分のレッスンのうち15分くらいがiPadで外国のおすすめニュースサイトを見るだけに使われることもあった。また、一度予約を取るとキャンセルが前日の15時までしか効かず、受けられない場合には40分で8千円超を払っているレッスンをドブに捨てることになる。これも必ず行かないと!というモチベーションには繋がるが、急な出張や会議の時には泣く泣く2コマ分の18,000円弱をドブに捨てることになる。幸いにもキャンセルの連絡が間に合わないケースはなかったが、もう少し融通が利いても良いのではと感じた。

結局、ベルリッツは2017年3月28日にレッスン1回目を受け、8月11日に最後の64レッスン目を終えた。申し込み時にキャンペーンで4レッスンがおまけで付いてきたので合計64回、ビジネスコースのレベル4が終わって、レベル5の途中まで。8/21までに受け終わらないといけなかったので、8/11終了は結構ギリギリだった。途中、休みの日に1日4コマ受けたりしたこともあり、期限までに間に合わせるためにとにかく回数を稼いだ感じ。レベル5の途中で終わったので、継続の勧誘を予想していたのだが、そういうのは一切なく、逆にあっさりしていて少し寂しいくらいだった。ベルリッツに行く前に比べれば、会議とかでも発言出来るようになったし効果はあったと思う。使える表現も沢山教えてもらってノートには書いたが、実際の会話の中で使えるようになるには、まだ英語力そのものも練習も足りなかった。ただ、その時のノートを今見返してみると参考になることも多い。ベルリッツ終了前の7月中旬に会社でTOEICのテストを受けてみたところ、リスニングは以前よりも明らかに聞き取れている感じはしたが、結果は750点で以前よりも下がる結果に。ただ、実力通りの点数が出たような感じで納得感はあった。

結局、ベルリッツは切羽詰まっているビジネスマンが短期間に少しでも英語の力を上げたいというようなシーンでの活用が一番ピッタリくる。海外赴任前の短期間英語集中レッスンであれば、費用も会社負担が多いだろうから1番のネックの費用の高さもネガティブポイントにはならない。ただ個人的には、いくら社費とはいってもレベル判定でレベル1とか2であれば、基礎単語や基礎文法を学ぶのにベルリッツは過剰コストと思えるので、まずは自分で勉強するのが先ではないかと思う。また言うまでもないが、1番のネックは個人で通うには費用が高くて長期間継続するのが難しいところ。Face to Faceでのマンツーマンレッスンの魅力もあるので、また行ってみたい気持ちもあるが、今はオンライン英会話が効率の面でもコスパの面でも気に入っている。